岡崎市 整え堂 骨盤と仙骨(仙椎)のゆがみを整え自己治癒力を高める無痛訪問整体

優しい刺激の方が、実は身体はゆるむのです❗身体をゆるめて整えるので、思わず眠ってしまう心地よさです☺一時的なリラックス感ではなく、不快症状の根本原因に働きかける施術を行います。

2018年01月03日 22:53  カテゴリ:ワンポイントアドバイス

肩こりと腰痛、肩と腰の関係

今回は、肩こりと腰痛についてワンポイントアドバイスです。
先日、立っていても座っていても、じっとしてても腰が痛いという方に施術しました。
どうすると痛いか確認し、後方に腰をそらすと痛いとのことで
施術をして痛みは少し残っているものの、後方に腰をそらせるようになった、痛みが楽になったという変化が出てきたので
今回はここで終了して話を聞きました。
この方は猫背気味の方ですが、
聞くと、そういえば仕事で使っている椅子の高さが少し高くて前かがみになって仕事をしていたとのこと。
高さの調整ができる椅子のようでしたがちょっとの事なので調整しなかったとのこと。猫背
実はこういったところに身体に負担をかける原因があったりするのです。
前かがみの姿勢はいわゆる猫背の姿勢ですが、
前かがみになると頭が背骨の真上でなく前に出てきます。
そのままだと頭の重さでお辞儀することになるので、そうならないように首・背中で頭を支えます(釣竿を持っているようなものです)。
同様に肩も背骨の前に来るので両腕の重みが肩と背中にかかってきます。
さらに猫背になって頭が傾くと視線が下を向くので視線を上げようとします。
するとあごが前に突き出る格好になります。
この格好は首に負担がかかります。
これだけ見ると首・肩・背中だけのようですが、釣り竿と同じで、最後は足腰に負担が行くのです。
この方は次の日、朝起きてもいつものように腰が痛くなかったと喜んで教えてくれました。
猫背の方はおへそを前に出すようにお尻を立てて、頭を背骨の上に乗せるような気持ちで姿勢を正すと首と肩の負担が軽くなります。
肩がこっているひとは、筋肉が縮んで肩が上に持ち上がっているので、いったん肩をさらに上に持ち上げてすっと力を抜いて肩を落とすと緊張がとれてきます。上に持ち上げて後ろに下げてストンと落とすバージョンもさらに効果が見込めます。
次回は、腰と肩との連動についてお話ししたいと思います。
  
タグ :猫背


Posted by siromero │コメント(0)

2018年01月03日 10:59  カテゴリ:ワンポイントアドバイス

身体の歪みの見方

こんにちは、整え堂です。
よく身体が歪(ゆが)んでますと言いますが
ほんとうかなぁと思いますよね。
歪みといっても本当は、骨の周りにある筋肉の緊張(コリ)具合のバランスが悪くて骨等を正常な位置に保てない状態を指しています。
今回は、身近な人、または鏡や写真に映して自分で見てもらえば分かる簡単なポイントを教えちゃいます。

「正座で確認」
正座できない方は椅子に座ってください。
①肩や肩甲骨が左右同じ高さか
②顔は傾いていないか正面肩
③どちらの膝頭が前に出ているか
④顔は正面を向いているか
⑤膝はどちらの方を向いているか
みなさんそれぞれ個性あるバランスのとり方をしています。
その意味は、このずれをさらに強調したり。あえて反対の恰好上をすると、そうしないとバランスが取れない理由が分かると思いますよ。


「うつ伏せで確認」
⑥骨盤の傾き(左右の腰の高さの違い)
⑦左右の足の長さの違い
なかなか見るのが難しいですが、実はここが一番重要です。

「仰向けで確認」骨盤
⑧足先の開き具合
外側に45度を中心として外に開くか内側か
ここは大腿骨と股関節との関係を見ます。


これらはどこがどうという事ではないですが、左右差や上下差、前後差で身体の歪みのバランスを無理して取って安定している状態です。積み木で一個ずれると崩れないように、ずれた位置に積み木を新たに積むようなものです。
問題はバランスが狂ったまま生活しているうちに、無理している状態を正常な位置と錯覚してしまうことです。
うつ伏せになってもらうと、まっすぐ横になったつもりが「く」の字になっている患者さんが多くいます。
猫背の方も同様にあまり気づいていません

ちょっと長く仰向けなってしまいましたが、参考にしてくださいね。






  


Posted by siromero │コメント(0)

2017年12月23日 23:11  カテゴリ:ワンポイントアドバイス

知っていますか?身体が良くなるメカニズム

整え堂へようこそ。

本日は、身体が良くなるメカニズムについて説明します。

[カギは自己治癒力]

「歪み」は「不正」、すなわち「正しく無い」と書きます。

この状態の何が問題かというと、体のセンサーが正常に働かず、自己治癒力が発揮されないことです。

子供は寝ている間に大暴れして朝になったら枕に足が乗っているなんてことはザラです。

でも、これ、大事なことなんですね。

寝返りをうつことで身体の無理な姿勢を正したり、身体を動かすことで歪みを取ったりしてるんです。

ところが大人になると、寝相が良いことが正しい事だと思って、寝返りの回数が少なくなる傾向があるんですね。

かくいう私も大の字の姿勢で寝るのが良いことだと思ってました。

朝まで全く同じ格好なんてこともざらです。

その結果、朝、洗面所で顔を洗うのがつらいなんてことになってました。

朝起きると腰が痛い。でも活動している昼以降から寝るまでは痛くなくて、朝だけ痛い人は寝返り不足の可能性が大です。

寝返りしやすい寝床、枕、身体のストレッチが大事です。

ワンポイントアドバイスでした。


  


Posted by siromero │コメント(0)